EN

真空ベローズインテークマニホールド絶対圧センサの検出

1 .構造と操作原理


真空ベローズ駆動、インダクタ可変取水管絶対圧力センサベローズ、コア、誘導コイル、電子回路ベローズで構成される。金属薄板で溶接する。内部を真空に汲み上げ,吸気に接続した外装はマニホールドである。外圧の変化は膨張と収縮を引き起こす。誘導コイルの内側に配置されるコアとベローの間にはリンクがある。誘導コイルは2つの巻線で構成され、一方は発振回路に接続され、交流電圧を発生し、コイルの周囲に磁界を発生し、他方は誘導巻線であり、信号電圧を発生する。吸気マニホルド圧が変化すると、ベローがコアを駆動して磁界中を移動し、誘導コイルによって生成される信号電圧を変化させる。電子回路による検出・整形・増幅後、センサの出力信号としてECUに信号電圧を送る。

2 .センサ出力信号の電圧値の検出


だって絶対圧力変換器(初期のボッシュD - Jetronicシステムで使われる)は、電圧変換を完了するために12 Vの電源を使用します、それはソケットを抜くことによってセンサーの品質をチェックするのが不可能です。検出の間、プローブのマルチメータ(電圧)は、2つのターミナルでワイヤ・コネクタ・コンタクトに挿入される。そして、出力電圧を測定する。測定方法は以下の通りである。この電圧値は、真空配管を開いて大気圧を加えると約1.5 Vである。真空管を口で吸引すると、電圧値は1.5 Vから減少方向に変化する。エンジンアイドル時には、電圧値は約0.4 Vであり、エンジン回転数が増加すると電圧値が上昇する。
関連ニュース



連絡先