EN

精密圧力伝達物質と圧力センサ精密加工技術

他のハイテク実装の基礎として精密加工現代のハイテクのニーズを満たす先進的な製造技術は、機械加工、油圧、電子、半導体、光学、センサー、測定技術、材料科学の開発を推進している精密機械加工の開発。一般に、加工精度に応じて、機械加工は、一般加工、精密加工、超精密加工の3段階に分けられる。現在,精密加工は1〜0 . 1μm,0 . 1〜0 . 01μmの加工技術を指しているが,この限界は加工技術の進歩に伴って変化している。今日の精密処理は明日の一般的な処理かもしれない。

まず,形状,位置公差,寸法精度,表面条件を含めた加工精度,第2,加工効率を検討した。いくつかの処理によって処理精度が向上するが、高い処理効率を得ることは困難である。超精密加工は,超精密工作機械に厳しい制約をもつ部品とカッター間の相対運動を利用して,極めて高い形状精度と表面仕上げを得るための微小切削材のプロセスである。現在、超精密加工は、加工部品の寸法精度が0.1μmより高く、表面粗さRaが0.025μm未満であり、工作機械の位置決め精度の分解能及び再現性が0.01μmよりも高いことを加工技術と称するndはナノスケールの加工技術に発展している。超精密加工は,微細加工,超微細加工,仕上げ切削,最終仕上げ,その他の加工技術を含む。現在の技術圧力送信機圧力センサまた、より高精度の製造に向かって徐々に動いている。
関連ニュース



連絡先